HikaruがOne Lightになった夜~11/28オーバード・ホール公演~

《以下、極力ツアーのネタバレにならないよう、この公演でしか起きない出来事のみまとめました。
が、セトリについて2曲だけネタバレがありますので(といってもバレバレの2曲ですが)、ご了承の上、お進みください。》

Hikaruの悲願、オーバード・ホールの幕開けへ

2年ぶりの富山は、「Kalafinaあるある」だった。
つまり、雨だ。

小雨とはいえ、濡れることを避けて駅から直通の地下道を通ってきたため、「ここがHikaru悲願のホールか」と外観を見あげて感慨を得ることもなく、オーバード・ホールに着いた。

開演20分前。
会場の外まで続く入場列の客層は、東京や大阪での「あるある」とは明らかに違う。
もちろんコア層はハイティーンから20代、30代なのだが、老夫婦や親子連れ、妙齢の女性たち2~3人連れや、子供たちのグループ等々の割合が高い。
「『アルスラーン戦記』とか歌ってるKalafinaが、自分たちの町に来るんだぜ!」という子供たちから、「歌が好きだった光ちゃんが、立派になって帰ってくるのよ」という縁ある人まで、さまざまな人がいるんだろうな、と想像すると頬が緩む。

入場し1階席から見渡すと、縦長のコンパクトな会場に、まるでヨーロッパのオペラハウスのような、5階までそそり立つ観客席。ここがHikaruが夢見た会場か、とようやく感慨に浸る。
2200人の会場は5階まで満員。チケットは早々に完売したそうで、過去2回、惜しくも少し余った(らしい)ことから比べると、さらに大きなホールを売り尽くした北日本新聞さん、またまたがんばった!

1階Hikaruサイドの私の客席の2列前には、年若いお母さんと小学校1年生ぐらいの男の子。うーむ、いくら地元ならではの多彩な客層とはいえ、こんな小さな子、大丈夫かな?飽きが来て騒ぎ出すんじゃないのか?とか思っているうちに、18時5分過ぎ、Kalafina in オーバード・ホールは始まった。

続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

紅白歌合戦と日本武道館の“旗”

Kalafinaに紅白に出て欲しい!という声

今のKalafinaは紅白に出る条件を満たしているのか?

昨日11/27、NHKで「第66回・紅白歌合戦」の出場者発表がおこなわれました。
その直後から、「なぜKalafinaが出ないのか?『ヒストリア』でのテーマソングの歌唱はもちろん、『スタジオパーク』『MJ』への出演など、NHKへの貢献度は高いはず」との声が、ネット上に散見されました。
でも管理人は、これらの意見に違和感を感じました。この違和感は何だろう?富山に向かう東北新幹線の車中で徒然なるままに、書いてみます。

各種報道によると、27日の紅白の取材において、歌手の当落についての質問に、制作統括の柴崎哲也チーフプロデューサーはこう繰りかえしたといいます。
「今年の活躍の実績、私たちの調査による世論の支持、演出・企画に沿う出演者という3つの要素を総合的に判断して選定しました。」
ここに、現在のKalafinaはあてはまるでしょうか。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafina秘話 富山 オーバード・ホール公演への道

今回は、管理人が大きな期待を寄せる、11/28(土)オーバード・ホール公演のみどころについて、Kalafinaのブログを中心に過去の資料から証言を拾いながら、ドキュメント風にご紹介します。

富山といえば、Hikaruの故郷。
そう、今回の富山公演は、故郷への3回目の凱旋コンサートなんですね。
実は、管理人のオーバード・ホール公演への期待は、過去2度の富山公演はkalafinの歴史において、とても大事な節目となっている、と感じているからです。
なので、まずはその原点、最初の富山ライブ(Kalafina LIVE Spring TOUR 2011 “Magia” 2011年4月2日 富山県民会館)当時のことからふりかえってみたいと思います。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

祝CD化!「Kalafina LIVE TOUR 2014 at 東京国際フォーラム」 って、どんな公演?

1月20日(水)リリースが発表された、新ライブCD「Kalafina 8th Anniversary Special products The Live Album『Kalafina LIVE TOUR 2014』at 東京国際フォーラム ホールA」
ですが、このCDを買うかどうか悩んでいる方のために、このライブがどんな公演だったのか、参考までに私見を記しておこうと思います。

Kalafina 空白期と武道館の間に屹立するライブ

このライブが行われたのは、2014年11月1日。この前の1年ほどをさかのぼると、
2013年6~8月:LIVE TOUR 2013“Consolation”…10会場14公演。落ち着きとスケール感のコンサート・ホールver.と、ビートに満ちた観客との一体感のライブハウスver.が混在するという、多彩な表現力が求められるハードなツアーを終えた後、Kalafinaは約10か月後まで低速運転ともいえる期間に入ります。

新譜(シングル)の発売や、イベントやフェスなどへの参加、恒例のXmasや結成記念日Anniversaryのライブなど、落ち着いた活動を行う一方で、2015年6月にKeikoとWakanaはYuki Kajiuraライブに参加、Kalafina以外の活動から改めてKalafinaを見つめ直し、HikaruもまたKalafinaのあり方を考え続けた時間だったといいます。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

「歴史秘話ヒストリア」Kalafinaファンならどれを聴く?

Kalafinaと「歴史秘話ヒストリア」の秘話?

エンディングで“symphonia”が初めてかかってから5年。最近は「ヒストリアでKalafinaを知りました」という方が増えましたね。

「ヒストリア」でKalafinaの曲が使われたのは、いちばん最初は2009年6月「ヨコハマ・ドリーム〜よみがえる明治ロマンの港町〜」の回のエンディングに、“storia”がかかった時ですから、もう6年以上も経ちます。
以後エンディングは、2011年1月“symphonia”→2013年1月“夢の大地”→2015年4月“far on the water”。オープニングは2013年1月から“storia TV ver.”が使われています。

そんな「歴史秘話ヒストリア」、サウンドトラックが3枚出ています。タイトルは「歴史秘話ヒストリア オリジナル・サウンドトラック」「同2」「同3」と、いたってシンプル。
このなかで、Kalafinaの曲が収録されているのは、「2」に“symphonia TV ver.”(※1コーラスのみのショート・バージョン)、「3」に“storia TV ver.”と“夢の大地”。
“夢の大地”はアルバム“consolation”や“THE BEST/Red”と同じフルバージョンですが、2つのTVバージョン曲は、このサントラのみの収録になっています。

「サントラ1」は“storia”とWakanaファンなら必聴!

続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafinaファンクラブは?チケット入手に有効?

※以下は、2015年11月時点での記事です。
2017年4月にKalafina単独のファンクラブ「Harmony」が設立されております。(詳細は後日更新予定)

厳密な「Kalafinaファンクラブ」ではなく、
「梶浦由記ファミリー公式ファンクラブ Fiction Junction CLUB(以下FJC)」
http://www.spacecraft.co.jp/fjc/ はあります。
梶浦由記さんと、彼女のプロジェクトの参加している歌姫たち(Kalafinaの3人と、FictionJunctionのYuriko Kaida(貝田由里子)、Kaori(織田かおり))のファンクラブです。

◎入会金¥500 ◎年会費¥4,000 (2015年11月現在)
現時点での主な会員特典(抜粋)
1.情報満載の会報発行(年4回)
2.ライブ情報の先出し、ライブチケット先行予約
3.ファンクラブ会員限定イベント(不定期)

まず、1の会報は、カラー16ページ。梶浦さん&歌姫たちのメッセージやインタビュー、PVやライブのメイキングフォト、ライブ報告などが、フルカラー写真満載で掲載されています。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafinaを知るための本は?(基本必読書Part1)

Kalafinaをよく知るための本はいくつかありますので、1冊ずつ紹介します。

まずは、Kalafina単独の出版物としては最初にして、衝撃の1冊。
ファン必読の書です!

Kalafina Record」(2011年9月 ソニー・マガジンズ)

この本が目指す方向性は、以下の巻頭言の一節が物語っています。
「本書はKalafinaの魅力を伝えるためのものである。
だが我々は気がついた。
我々は、Kalafinaのことを何も知らない…。」

当時は、3rd.アルバム「After Eden」の発売に合わせたキャンペーン中。
デビューから3年半。ライブは順調にその会場を大きくしていき、ラジオ番組「Kalafinaの私たち計画広場」「Kalafina倶楽部」も1年以上経過。
3人の卓越したコーラスワークと明るく個性豊かな人柄のギャップが、その魅力として浸透しつつあった頃。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】