Wakanaが歩んだ「夢の大地」 12/12福岡市民会館

※以下のライブレポートは、極力ツアー全体のネタバレにならないよう、「この公演のみで起きるであろう」部分のみ書く方針でいます。が、感想を記す都合上、どうしても2曲ほど、セットリストのネタバレになってしまう部分があります。そのあたりをご了承の上、お読みいただければ幸いです。

Wakana、歴史ある伝説の舞台への凱旋

福岡市・九州最大の繁華街、天神から10分ほど歩き、枯れ葉で覆われた公園の向こうに、その建物はあった。入場を待つ長蛇の列の頭の上にそびえる、飾り気のないモノトーンの箱。「ホール」ではなく「会館」の名がしっくりくる、福岡市民会館だ。
建てられたのは1963年というから、もう52年もの間、市民に音楽や演劇、バレエなど、舞台芸術を提供する使命を果たし続けている。

福岡は歌謡曲、ロック・ミュージシャンを多数輩出していることで有名な地だ。
小柳ルミ子、山本リンダ、郷ひろみ、チューリップ、井上陽水、甲斐バンド、ARB、チャゲ&飛鳥、海援隊、松田聖子、長渕剛、チェッカーズ、高橋真梨子、徳永英明、浜崎あゆみ、氷川きよし、広瀬香美、椎名林檎、MISIA…。蒼々たる面々がこの福岡で音楽に目覚め、夢を見、学び、旅立ち、そしておそらく、この福岡市民会館で故郷への凱旋公演をおこなった。
2015年12月12日。これからKalafinaのWakana(東京生まれ・福岡育ち)も、その凱旋公演アーティストの一人として、おそらく彼女自身が何度も通ったであろう、歴史ある舞台に立つ。 続きを読む

祝!Wakana誕生日(2日遅れ)&福岡初ホールライブ!

本日は、哀愁のソプラノ鮫姫・Wakanaの誕生日(から2日)であり、彼女の育ち故郷・福岡での初ホール・ライブを記念して、「KalafinaのWakanaは1日にして成らず」、Wakanaと梶浦さんの本格的な出会いの1枚であるこのアルバムをご紹介します。

「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章/ユリア伝 オリジナルサウンドトラック(初回限定盤)(DVD付)

タイトルを聞いてキワモノと思ったら大間違い!NYで録音された怒濤の打楽器とストリングスが織り成すメインテーマやバトル曲は、強者たちの壮烈なバトルロイヤル、すなわち後の「Fate/Zero」に繋がる原点 だし、荒涼とした大地に差し込む希望の光をFictionjunction WAKANAが唄う「光の行方」と「Where the lights are」は「歴史秘話ヒストリア」の初代closing theme につながり、「symphonia」「夢の大地」「far on the water」を生み出します。

上記アルバムはサンプル試聴ができないので、ライブ盤のこちらをご参考に。

Wakanaと梶浦さん、そしてKalafinaにとって、大きな礎になった名盤、と私は思っております。

「Kalafina マネージャーの求人・転職情報」!?

先程、Kalafinaをキーワードにネット検索してたら、こんな募集が!?

http://tenshoku.mynavi.jp/kw/%EF%BD%8B%EF%BD%81%EF%BD%8C%EF%BD%81%EF%BD%86%EF%BD%89%EF%BD%8E%EF%BD%81%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC/
我こそは!と思う方は、さあ履歴書だ!

(追記)熟読すると、「マネージャー」いう文字が見出しにあるけど、即マネージャーではなく、商品企画とかファンクラブ運営の仕事のようですね。

※ググった情報をそのまま載せてますので、正確な情報はリンク先を熟読の上、ご判断ください。

Keiko誕生日お祝い企画2・Kalafina参加への道

KalafinaのKeikoは1日にして成らず

前回の投稿「もっとKeikoを聴きたい!」のなかで、Kalafina参加以前のKeikoについて書きましたが、その元にしたのが、これからご紹介する自作の「2005年春~2007年12月・Keikoの活動年譜(暫定版)」です。

「2005年春~2007年12月・Keikoの活動年譜(暫定版)」

《2005年》

4~7月頃 初ステージ「LOVE LOVE NIGHT」@SPACE LAB YELLOW(西麻布
※サックスユニット“イアラ”のゲストボーカル
7月 1日 「Happy スペクラ Friday! “Next.4″」 @目黒食堂
7月23日 「SHUGARLESS」@吉祥寺プラネットK ※イアラのゲストボーカル
8月19日 「Happy スペクラ Friday! “Female Voice Party Vol.3!”」 @目黒食堂
9月22日 (CD発売)「風の街へ」(『ツバサ・クロニクル』O.S.T.「Future Soundscape II」所収) ※Fictionjunction KEIKO 名義 続きを読む

誕生日お祝い企画:もっとKeikoの歌が聴きたい!20選

2015年12月5日、Keikoの誕生日お祝い企画(制作が翌日にずれ込みましたが)、「もっとKeikoの歌が聴きたい!20選」です。
低音域のため3人の歌姫の中でも特にハモりが多いKeikoですが、Kalafina以外も含めて、ソロ・ボーカル曲をじっくり聴ける曲とか、イントロをリードして強い印象を残している曲、このKeikoのハーモニーあってこそ!の曲など、さまざまな理由で私が選んだ20曲。順番は、時系列で経歴を振り返ったり、参加ユニットで分けて並べたりしながら、窪田啓子=Keikoというボーカリストについて何かわかるかな?という構造になってます。

1.風の街へ

 (「ツバサ・クロニクル」オリジナル・サウンドトラック Future SoundscapeⅡ2005年9月22日発売)
2005年(10年前!)9月に発売された、アニメ「ツバサ・クロニクル」のサントラ第2弾に収録された、Keiko19歳の歌声。名義はFictionjunction Keiko。たしか、これが生まれて初めてのレコーディングだった、と本人が話していたような記憶が。当時は、数ヶ月前からサックスユニット“イアラ”のゲストボーカルをつとめライブハウスのステージに立ったり、スペースクラフト所属若手歌手の合同イベント(於・目黒食堂)に参加したりと、当時の映像を見る限り、ステージでシャウトし元気よくハジける方向性だったようです。そんなさなかに、この低音のしっとりした情感深い曲をレコーディングしたのは驚きです。

この時、梶浦由記に対しては「単発のお仕事だったので別世界の人だと思ってましたね。」(『Kalafina Record』より)

全く方向性が違うと思われた2人が、まさか後に合流し、この時の歌が、数年の年月を経てFJでのKeikoソロの代表曲のひとつであり続けることになるとは。10年経っても全く古びない名曲であると同時に、Keikoにとって運命の曲。

風の街へ
FictionJunction
¥250
続きを読む

The Live Album 「Kalafina LIVE TOUR 2014」at 東京国際フォーラム ホールA

公式の発表によると、来年1月20日発売予定のKalafinaの最新ライブアルバム
https://www.amazon.co.jp/Kalafina-Anniversary-products-Album%E3%80%8CKalafina-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/dp/B0183KFUNA/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&qid=1478540006&sr=8-8&keywords=kalafina&linkCode=ll1&tag=wakakekohika0-22&linkId=7dab560bf519ebee93938c85f2abb48b
(つまりは昨年11/1の、武道館に向けたカウントダウン気分の中行われた、“BEFORE武道館”総まとめ・Kalafina7年の集大成的な伝説のライブ
を収録したCDに、MCトークなどが収録されるらしい!
(※株式会社ソニー・ミュージックマーケティング メールマガジンより)

無断転載禁止!なのでコピペはできませんが、
オープニングのMCと、アンコール・ラスト曲=Wakanaが泣けば国フォ全体も号泣した「アレルヤ」前、そして最後の挨拶あたりのMCの、計3カ所が入る模様で、「よりライブ当日の臨場感を味わって頂けるライブ盤となりました。」とのこと。
(このライブについての紹介は拙ブログhttp://wakakekohika.com/cd-live2014参照)

2時間半前後もあるライブをCD化するには、容量とのせめぎあいになるのは宿命であり、これまで梶浦さんやkalafinaでは、トークよりも音楽重視(と思われる)方針のせいか、なかなかMCが収録されない傾向がありましたが、今回はギリギリのところをがんばった英断だと思います。もちろん「完全収録!」ではないのでしょうが、それでも管理人はひたすら嬉しく思います。

さあ、みんな!1/20はWakanaと一緒に泣いて、Keikoに癒やされ、Hikaruと振り絞ろう!

こんな時代があったのか!?Kalafinaライブ・パンフレット(その1・LIVE 2009 “progressive”)

富山ライブ・レポートがみなさまにご好評で、いたく感動している管理人です。お読みいただいた方、ありがとうございます。
しかしながらここらでこのHP設立主旨に立ち返って、「Kalafinaをもっと知るためにこんな情報ありますよ」な記事を更新します。

ライブツアー期間中ということで、ライブ・パンフレット、です。

ライブ会場で買い損ねたりすると、なかなか再度購入のチャンスがないパンフレット。でもKalaifnaに関して言えば、美麗撮り下ろし写真満載の写真集としての価値がありますし、その時々のメンバーやスタッフの生の声が密封されていますので、「へえ~、こんな時代があったんだ~!」と、時間が経つからこそ感動・感心できるのが、ライブ・パンフレットなのです。

いわば“Kalafinaタイム・カプセル”を1冊ずつご紹介していきたいと思いますが、まず最初を飾るのは…

Kalafina photo album -progressive-