はじめてのKalafina!~はじめてのライブ参加の基礎知識~

ついにサントリーホールへ!めざましクラシックス出演決定!

フジテレビでは数年前から友好関係が続いている「めざましテレビ」関連のクラシックコンサート「めざましクラシックス」にKalafinaのゲスト出演が決定!
なんと音楽監督はFBMの“師匠”今野均さんで、「クラシックをもっと身近に!」というコンセプトで1997年にスタートし、通算公演回数が280回を超える人気公演だとか。
Kalafinaとヴァイオリニスト・高嶋ちさこさん・フジテレビ軽部アナウンサーのトークもあるそうです。

最速エリア先行受付は3/19(土)10:00よりスタート。
URLは、下記「チケット受付」参照。
ファンクラブでの受付は追ってご案内、とのこと。 続きを読む

Kalafinaチケット入手の傾向と対策・2016春

「“Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016」のチケット販売が、公式ルートでは一段落したところで、傾向と対策をまとめておきます。

今回のスケジュールは以下の通り。

①FJC(ファンクラブ)先行抽選:受付2/5~11
②HP先行抽選:2/13~21
③各プレイガイド先行抽選:1次 2/14~22前後
2次 2/末~数日
④一般発売:3/12~

それぞれの抽選発表のタイミングで、ツイッターでの
東京会場当落の書き込みを随時見ておりましたが、①は「落選」の声は私が調べた範囲では確認できず。②③と進むにつれて落選の声が増え、④は東京瞬殺で「取れなかった」声があいつでおります。 続きを読む

こんな時代があったのか!?Kalafinaライブ・パンフレット(その3・2010 “輝く空の静寂には”)

ライブCDレビューで「Kalafinaライブは“口から音源”」説に異論をとなえたところで、ふと思い立って過去のライブ・パンフレット紹介第3弾です。

ライブ会場で買い損ねたりすると、なかなか再度購入のチャンスがないパンフレット。でもKalaifnaに関して言えば、美麗撮り下ろし写真満載の写真集としての価値がありますし、その時々のメンバーやスタッフの生の声が密封されていて、「へえ~、こんな時代があったんだ~!」と、時間が経つからこそ感動・感心できるのが、ライブ・パンフレット。
いわば“Kalafinaタイム・カプセル”ですが、今回はまさにそれにふさわしい“衝撃の”?1冊です。

Kalafina LIVE2010 “Kagayaku Sora no Shijimaniwa”

Kalafinaライブは“口から音源”をはるかに超える~The Live Album『Kalafina LIVE TOUR 2014』~

映像がないからこそ見える“ライブ・アーティストKalafina”
このレビューを書く前に、ためしにAmazonのミュージック・ジャンルで「ライブ」をキーワードに検索してみた。
結果は予想通り。大半はライブのブルーレイやDVDなど映像化商品で、音源のみのライブCDは、昔の名盤か洋楽がほとんど。視覚的な魅力を伴うライブを商品化するにあたって、音源のみのCD、というのは現在の業界的にレアケースなのは間違いない。
しかもKalafinaのようにビジュアル面でも人気のあるグループで、なんでわざわざ魅力を引き算した商品化をするんだ?、という疑問は当然だと思う。

これについては、プロデューサーであるM氏がFJC会報の中で、Yuki Kajiura LIVEのCDリリースをこう語っている。
「映像がない分だけ、逆にライブ感を感じられるというか、目を閉じるとホントにライブ会場にいるみたいな感じがする。そういう、ライブ音源ならではの醍醐味みたいなのはすごく面白いなと思っていましたね。(中略)ライブは全員が同時に音を奏でるので、それによってプレーヤーが想像以上の力を発揮できたりする。それはやはりレコーディングでは出せないもので、どっちがいい悪いではなくて、また別の良さがある(後略)」(FictinJunction CLUB会報 2015.Spring vol.25)

というわけで、このライブCDは目を閉じて聴くべし! 続きを読む

それがKeikoの“音楽”!1/22・23 8thアニバーサリー

その時Keikoは万雷の拍手と声援を受け、今にも泣き出しそうな、感極まった表情を見せた。
しかし即座に、顔の前を両手で仰ぐポーズでおどけてみせ、毅然と、自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

「感謝の気持ちは、いつも歌で、3人で。みなさんにお返しできたら。」

この言葉に、今のKeikoが、いやWakanaもHikaruも、Kalafinaそのものが詰まっている。 続きを読む

こんな時代があったのか!?ライブ・パンフ(その2・X’mas Premium Live 2012 &2013“Kalafina with Strings”)

いよいよ、Kalafina冬の風物詩、X’mas Premium Live “Kalafina with Strings”が近づいてきました。
しかも、コンサートホールでの「with Strings」は2年ぶり。
ということで、
ライブ・パンフレット紹介・第2回は、今年の予習用として、

2012年および2013年の X’mas Premium Live のパンフレット

です。
NWG10000000110590_l
Christmas Premium LIVE 2013 "Kalafina with Strings"パンフ / Kalafina
(左2012、 右2013) 続きを読む