Winter Acoustic “Kalafina with Strings”のジャケットが素敵すぎる!


つい先ほど、11月16日(水) リリース Winter Acoustic “Kalafina with Strings” のジャケット写真が公式HPで公表され、あまりに素敵なんで、興奮のあまり収録曲について予想するための情報をまとめてしまいました!

公式の記述には
「定番となりつつあるクリスマスソングはもちろんの事、
冬をテーマにしたオリジナル曲のAcoustic ver.(全て初収録)に
Kalafina初のクリスマス曲(新曲)を収録」とのこと。

定番となりつつあるクリスマスソング

「定番」を予想するために、2011年の「音霊番外編@横浜ランドマークホール」から2015年の“with Strings”までのクリスマスソングをリストアップしてみました。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

乾燥する季節にKalafinaステージドリンク!?

これからの季節にKalafinaグッズ!?

“Kalafina Arena LIVE2016”パンフレットを見ていたら

面白いモノを見つけたので、グッズ紹介です。

3人へのQ&Aで「ステージドリンクは何ですか?」という質問に、
3人とも京都念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏の名を!

香港製ののど飴&シロップで、3人ともシロップを溶かして他の飲料と一緒に置いていて、
Hikaruはのど飴も常に持ち歩いているらしい。

3人が何年も使い続けているということは、期待大かも。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafinaアリーナライブ2016全公演(速報版2)

※神戸初日・2日目、武道館初日・2日目をあまり区別せずに「4days」という括りで、まとめて書きます。特に「この日のアレが!」という場合は、注釈つけます。

これがKalafinaの現在形

衣装はすでにいつものKalafinaっぽくなり、ゲストプレーヤーのスーパータイム!も終えたところで、
ライブは本格的に第2段階へ入っていく。

ステージの平場とバンドメンバーの高台をつなぐ高さに、真っ白な、直方体を不規則に組み合わせたような階段状のお立ち台がせり上がってきて、これからは立体的にステージを使うことが示唆される。
(実は、これがラストには重要な役割を果たすのだが、この時点では「お立ち台」としか認識できなかった。)

6・7曲目は全公演共通の“胸の行方”と“ring your bell”。
この2曲は派手な特別仕様よりも、「いつものKalafina」の現在形をしっかりと見せる感じ。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafinaアリーナライブ2016全公演(速報版1)

※今回は、こま切れになって申し訳ありませんが、(速報版)として複数回に分けて執筆、アップします。後日、完成したところでひとつにまとめます。
※神戸初日・2日目、武道館初日・2日目をあまり区別せずに「4days」という括りで、まとめて書きます。特に「この日のアレが!」という場合は、注釈つけます。
それでは…、

幕開けはサプライズ
「Kalafinaとは何か?」宣言

まさか!?のオープニング

梶浦サントラが流れる神戸ワールド記念ホール。
定刻直前に流れる「まもなく開演します」のアナウンス。
ただ会場が大きいだけで、いつもと変わらぬ開演前の光景。
やがていつものように、照明と音楽が一斉にフェードアウトし、舞台上にバンドメンバーが現れ、観客は拍手を持って迎えることになるだろう。
多くの観客が(私も含め)そう思っていたのではないか。

しかし、そうはならなかった。

照明は、まるで夏の日射しが静かに夕暮れを迎えるかのようにゆっくりと、なかには青い照明が蛍のように明滅しながら、1分ほどかけて徐々に客席を闇へと誘っていった。

灯があたるのは、バンドセットもなにもない空っぽのステージ。
静寂と緊張。

やがて、ステージ奥の幕の隙間から、Keikoがまっすぐ、ゆっくりと前に進み出た。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

神戸ワールド記念ホール2days・神戸限定ネタMC

ネタバレを避けたMCのみのリポートです!

“Kalafina Arena LIVE 2016”
神戸ワールド記念ホール2days終了しました。

まだ武道館が残ってますので、ネタバレにならないよう、
神戸限定の話と思われるネタをいくつか。

《Hikaruのグッズコーナー》

(10日:トートバッグ紹介)

神戸弁使用…「全然うまくないので、温かい心でご覧ください」のはずが、例によって標準語になってしまい苦戦。
トートバッグの使用法を、なぜか「生協で買い物する時は」で語る。
キャベツが入る!ゴボウも入る!牛乳も!と生活感満載で場内爆笑。
時々、思い出したように頭に「バリ(とても)」と、
語尾に「○○○とー。」とつけ、
最後をなんとか「~と、思っとーよ!」でまとめる。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

Kalafinaアリーナライブ:神戸初日ネタバレなし感想

「Kalafinaとは、何なのだろう?」

驚きと興奮と感動のライブの間、
目の前のステージで起きていることに意識を振り回されながら、
頭の片隅で考え続けていた。

今回のKalafina初のアリーナツアーについて、
事前のメンバーへのインタビューからは、
これまでとは異なる、新しいKalafinaを打ち出そうとしていたことがうかがえた。
特に、演出担当の南流石氏は、「私がやっていることは振り付けではない。Kalafinaの凄さを引き出すこと。Kalafinaの新しい扉を開く。」と明言していた。

Kalafinaはデビュー当時から見続けているが、確かに彼女たちのイメージは少しずつだが確実に変化を重ねてきた。
「劇場版 空の境界」のための梶浦由記プロデュースのミステリアスなユニットから始まり、ゴシック&ダークな曲から歴史番組のEDまで歌い上げるボーカルユニット、アニソン界随一の実力派、アコースティックライブをクラッシックホールでおこなうオトナのコーラスグループetc.
それぞれへの変化・拡大はその都度驚きではあったが、梶浦由記の音楽観と広大な音楽世界に収まるものであり、想定されるKalafina成長予想の、延長線上にあるものだった。

ところが今回のアリーナライブでの新しいKalafinaは、梶浦の音楽世界とは異なる、“ビジュアル・ステージ演出”の世界からもたらされたものだ。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】

カウントダウン・コメント!神戸ワールド記念&日本武道館

いよいよ開幕!“Kalafina Arena LIVE 2016”

“Kalafina Arena LIVE 2016”開幕当日を迎え、
自分自身どうにもこうにもそわそわして、
いろんな記事を読んでいるうちに、他所様の引用をまとめてしまいました。

Kalafinaのメンバーや演出家、プロデューサーの、
開幕に向けての言葉やつぶやきです。
主な引用元は「エンタメ特化型情報メディア スパイス」。
この9月に5回連続でネット掲載された “Kalafina×SPICE 「Road to Arena LIVE」”。

Wakanaは…

「昨年、日本武道館公演を初めて行ったあと、出来ることまだまだあるんだ!って思って挑んだのが『Kalafina LIVE TOUR 2015~2016 “far on the water”』ツアーでした。
それも超えて今回のアリーナライブになるので、新しい物を見せるのはもちろん、お客様にもっと近づけるライブにしたいと思っています。」

Keikoは…

「音のエンタテインメントがテーマ」っていうのはこれまでに色んな所でお話してきましたが、
それに私たち3人の声、そしてミュージシャンの方々の演奏、その音たちを視覚でも感じて頂く音のエンタテインメント。
お客様が心地よい空間作りをしたいんです。一瞬足りともお客様を素の世界に戻したくないんですね。 続きを読む

【123日本武道館、準備はいい!?チケットは!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】