いよいよアリーナツアー!裏テーマは「Kalafinaデビュー秘話」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

表テーマは…謎!?

さていよいよ、Kalafina初のアリーナツアーが始まります!

9/10(土)・11(日)神戸ワールド記念ホール
9/16(金)・17(土)日本武道館

今回の見どころは…、といきたいところなのですが、
実は今回のツアー、長年ファンをやっている者から見ても、謎です!

今までのバンドツアーは、ほとんど新アルバムや新シングル曲を冠し、
その楽曲の披露を主眼とした構成(セットリスト)でした。

唯一そこからはずれ無冠だったのが、
2014年10・11月の“Kalafina LIVE TOUR 2014”でしたが、
これはすでに発表されていた日本武道館2days、THE BEST 2015“Red Day”“Blue Day”に向けての、
打ち入りのようなテーマを持っていました。

そういう意味では、今回のアリーナツアーは、Kalafina史上初にして最大の無冠アリーナツアー

つまり、まったく「こういう風に見てください」と提示しないライブ。
逆に言えば、観客に「まあ、こういう構成なんだろうね」という予感や安心感を与えない、
今まで誰も見たことのない驚きのKalafina!」を提示するイベントになるのではないでしょうか?

「この世のものとは思えない美しい世界」ライブ!?

プロデューサーの梶浦由記自身、9/2にリハーサルを見た感想をツイッターで、
「演出もかっこええし、なんかもう演出も映像も全てが「音楽」に向かっている感じが潔い。」と記し、
また先日、Kalafina史上初の稽古風景の動画も公開され(Spice http://spice.eplus.jp/articles/71825)、
そこで「音のエンターテインメント」「この世のものとは思えない美しい世界」とコメントしていることからも、
これまでと大幅に変わったKalafinaを魅せる!という意気込みが感じられます。

古参のファンも、初心者の方も、同じ地平で素直に目の前で展開されるKalafinaを楽しむ。
それが今回のアリーナツアーのテーマではないでしょうか?

裏テーマはデビュー秘話
「Kalafina初披露の地に8年ぶり単独凱旋!」

と言いつつ、私が個人的な裏テーマとして感じているのが、
神戸ワールド記念ホールはKalafina初披露のステージ」ということ。

2008年1月23日、Kalafinaは“oblivious”でデビューしたものの、神秘性を出すためかメンバーの名は明かされませんでした。

それが3か月後の4月29日、
“Revo&梶浦由記Presents Dream Port 2008”のオープニング・アクトで、
Kalafinaとして“obiivious”と「傷跡」を歌い、WakanaとKeikoが初のお披露目となりました。
(※コーラスに貝田由里子とKaori…つまりはFictionJunctionでKalafinaを歌ったということだな!?)

つまり今回の神戸ワールド記念ホール公演は、
Kalafinaにとってデビュー以来8年ぶり
しかも前回は、初ステージ&オープニングアクトだったKalafinaが、
単独での“凱旋”という、かなりグッと来るシチュエーションであります。

この時のKalafinaとしてのステージ映像は市販されていませんが、
このCD+DVD“Revo&Yuki Kajiura Dream Port”

DVDに収録されている全員参加の「砂塵の彼方へ」映像(神戸公演を収録)には、
WakanaとKeikoが歌う姿を見ることができます。
2人が並んで歌っているショットが多く、今回のライブ前に見ておくと、
ああ、この時の2人が8年半後に…」と浸れること間違いありません。
特に、髪がショートボブで現在と全く違うイメージのWakana、今と変わらぬイメージを貫き通すKeikoと、
その好対照ぶりも感動ものです。
(※このDVDには梶浦さんにKaori、Yuriko Kaida、Yuuka、Remiに“ラスボス”笠原由里、
バンドは是永さんに今野師匠も1ショット大写しになるという、プレ・梶フェス状態です。)

一方こちらはこの時のライブ記念ムック。アニカンR MUSIC 総力編集 Revo & Yuki Kajiura Dream Port 2008 Memorial

AnicanR-1DSC_07891AnicanR-3
Kalafinaとして初めてステージに立った瞬間!の写真や、Wakana、KeikoのKalafinaとしての初インタビューも掲載。
まだ鮫姫的個性を出していない優等生受け答えをするWakanaや、
イトクボ時代のロック娘を前面に出していたKeikoは、今だからこそ新鮮。

今回のアリーナライブで、この8年前の初ステージに言及するかどうかは分かりませんが、
DVDやムックで予習しておくと、いろいろ泣き所が生まれるかもしれません!

そして、Hikaruにとってこの神戸ワールド記念ホールは初舞台!
WakanaやKeikoとはまた違った表情を見せるのではないでしょうか?

そんなところを、私は個人的な裏テーマとして楽しみたいと思っております。

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。