超名盤の期待!Winter Acoustic“Kalafina with Strings”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いよいよ11/16(水)発売!
「Winter Acoustic “Kalafina with Strings”」


一部の曲がラジオでも流れ始めていますが、超名盤の期待満載です。
クリスマスソングは、Wakanaの神聖性とHikaruのポップス感、そしてKeikoの抱擁感がみごとに溶け合い、神秘性とほっこり感と癒やしに満ち、
Kalafinaオリジナル曲は、単なるアレンジver.と括ることができない、全く新たな曲として、それでいて原曲よりもより豊かにその音楽世界が深められています。

名盤の秘密!関係者の証言から探る

この凄さはいったい何なんだ?と考えてみると、(今回は参加していませんが)ギターの是永巧一とKeiko、そして梶浦由記の証言に行き当たります。

是永巧一の証言

(ライブのリハについて)是永「全体リハに入る前に3人でスタジオに入って、ハーモニーを試してきているんですよ。
というのもKalafinaはリハの初日でCDの音が出て当たり前、みたいな感じなんです。(中略)
いわばCDを制作した時点では曲が生まれ、ライブではどこまで成長させられるかをやっているということですね。
だから、CDレベルの上にいかなきゃだし、そのために何が必要かを考えているんです。」(是永巧一インタビュー 別冊カドカワ 総力特集Kalafina

Kalafinaライブは曲を「どこまで成長させられるかをやっている」のだとすれば、クリスマス・ライブ、“with Strings”と数年間に渡り、いわゆるアコースティック・バージョン曲を成長させ続けてきたことになります。

Keikoの証言

そしてその都度、成長させると共におこなってきたのが、

Keiko「そんなアルバムをタイトルにしたクリスマスコンサートのリハーサルは、今まで歌ってきた曲ももう一度丁寧に譜面を見ながら始めていきます。
正しいハーモニーは譜面にあり…と悩んだり、迷ったりしたら、譜面とCD音源に立ち返ってみる。これが私達の取り組み方です。」(Kalafina公式ブログ2016.11.6「Winter」

という正確な原点に戻る作業です。

梶浦由記の証言

そうして作り出す世界は、

梶浦由記「Kalafinaも、普段は少しだけ緊張感の漂う音をお届けしているタイプのユニットかもしれません。その音を少しだけほどいて、少しだけ柔らかく、暖かくして、お届けしておりますクリスマスコンサートも、お陰様で定例の、と呼べるものになって参りました。(中略)音をほどくことは、もしかしたら固めるよりも少し難しい事なのかもしれないとも感じております。かっちりとしたフォルムのどこを解けば、心地よい緊張感を失う事無く暖かさや、リラックスした感覚を演出出来るのか?それもまた試行錯誤。」(Christmas Premium LIVE 2013 “Kalafina with Strings”パンフレット巻頭言)

という、難しい試行錯誤を重ねて作る、暖かさやリラックスできる世界。

今回レコーディングされた曲は、この成長と原点確認と試行錯誤を、何年も重ね熟成してきたもの。
しかもKalafinaオリジナル曲の場合、そもそもの通常バージョンでの歌い込みと解釈の積み重ねがあったうえに、アコースティック・ライブにする際にも解釈の再構築と試行錯誤を重ね続けています。

ここで普通の商業ベースなら、手をかけたライブで歌われ、レコーディングしたものをそのまま「ライブ盤」として発売するのでしょうが、今回はもうひと手間。
スタジオでさらに試行錯誤と原点確認と成長作業を加え、緻密に緻密にレコーディングをおこなったのです。
わざわざここまで手間と時間をかけたアルバムじたい、奇跡と言えるのではないでしょうか?

これはもう、
奇跡的な豊作のうえに年代を重ね続けた豊潤なヴィンテージワインのようなものです。

そしてラインナップ13曲は…?

sprinter、fairytale、君の銀の庭、ring your bell、dolce、アレルヤ…。
聞き慣れたオリジナル曲を、「あ、この曲はもうCDで持ってる」などと考え、油断するのは禁物です。
3人個々の力量と個性がレベルアップしたうえに、ハーモニーは格段に深化し、そのうえwith Stringsバージョンゆえに歌声の輪郭が際立つ曲になっているので、もうまるっきりの新曲。

そしてクリスマス曲は、あらかじめ名曲として長年歌い継がれてきた定番を、いよいよ実力が円熟してきた3人が世界に類のないハーモニーで歌い上げるのですから、「Kalafinaワールドのクリスマスに浸ってください!」と超素直にオススメできます!
ホントこれ、ラジオをはじめ街のあちこちでかかり続ける、定番クリスマスアルバムになるのではないでしょうか?

こんな素敵なプレゼントを梶浦さんとKalafinaから受け取れるファンとしては、至上の幸福としか言いようがありません。

そして、最後を締めくくる新曲、「やさしいうた」。
これはもう、実際にCDを手に入れて聴いてください!

※(追記)「やさしいうた」が初オンエアします!

15(火)24:00~のbay FM「Kalafina倶楽部」。
視聴圏外の方はradiko.jpで。
ストリーミング配信では楽曲はカットされるのでご注意!

こちらで1曲試聴できます!

bay FMのラジオ番組「Kalafina倶楽部」では、3週ほど前から1曲ずつ紹介されており、今週は「君の銀の庭~with Strings version~」が一部流れました。
全国のラジオが聴けるradiko.jpでは最近、過去1週間以内の放送が聴けるタイムフリーシステムが導入されたので、今週放送分を聴くことができます。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20161109000000
※一度アクセスしたら3時間限定ですのでお気をつけください!

気分はもう、メリークリスマス!
早期購入でポストカードも付いてます!

【123日本武道館、準備はいい!?宿泊の予約は!?双眼鏡は!?予習は!?】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。