Kalafinaコレクション市場

「Kalafinaコレクションに買い忘れはないですか?」KalafinaのCD、ブルーレイ、DVD、書籍はもちろん、過去のライブパンフレットやグッズ、特集が組まれた雑誌を、レア物含めてご紹介。「このレア物は、このサイトで販売中」といった、お店の情報も掲載予定。

祝CD化!「Kalafina LIVE TOUR 2014 at 東京国際フォーラム」 って、どんな公演?

1月20日(水)リリースが発表された、新ライブCD「Kalafina 8th Anniversary Special products The Live Album『Kalafina LIVE TOUR 2014』at 東京国際フォーラム ホールA」
ですが、このCDを買うかどうか悩んでいる方のために、このライブがどんな公演だったのか、参考までに私見を記しておこうと思います。

Kalafina 空白期と武道館の間に屹立するライブ

このライブが行われたのは、2014年11月1日。この前の1年ほどをさかのぼると、
2013年6~8月:LIVE TOUR 2013“Consolation”…10会場14公演。落ち着きとスケール感のコンサート・ホールver.と、ビートに満ちた観客との一体感のライブハウスver.が混在するという、多彩な表現力が求められるハードなツアーを終えた後、Kalafinaは約10か月後まで低速運転ともいえる期間に入ります。

新譜(シングル)の発売や、イベントやフェスなどへの参加、恒例のXmasや結成記念日Anniversaryのライブなど、落ち着いた活動を行う一方で、2015年6月にKeikoとWakanaはYuki Kajiuraライブに参加、Kalafina以外の活動から改めてKalafinaを見つめ直し、HikaruもまたKalafinaのあり方を考え続けた時間だったといいます。 続きを読む

「歴史秘話ヒストリア」Kalafinaファンならどれを聴く?

Kalafinaと「歴史秘話ヒストリア」の秘話?

エンディングで“symphonia”が初めてかかってから5年。最近は「ヒストリアでKalafinaを知りました」という方が増えましたね。

「ヒストリア」でKalafinaの曲が使われたのは、いちばん最初は2009年6月「ヨコハマ・ドリーム〜よみがえる明治ロマンの港町〜」の回のエンディングに、“storia”がかかった時ですから、もう6年以上も経ちます。
以後エンディングは、2011年1月“symphonia”→2013年1月“夢の大地”→2015年4月“far on the water”。オープニングは2013年1月から“storia TV ver.”が使われています。

そんな「歴史秘話ヒストリア」、サウンドトラックが3枚出ています。タイトルは「歴史秘話ヒストリア オリジナル・サウンドトラック」「同2」「同3」と、いたってシンプル。
このなかで、Kalafinaの曲が収録されているのは、「2」に“symphonia TV ver.”(※1コーラスのみのショート・バージョン)、「3」に“storia TV ver.”と“夢の大地”。
“夢の大地”はアルバム“consolation”や“THE BEST/Red”と同じフルバージョンですが、2つのTVバージョン曲は、このサントラのみの収録になっています。

「サントラ1」は“storia”とWakanaファンなら必聴!

続きを読む

Kalafinaを知るための本は?(基本必読書Part1)

Kalafinaをよく知るための本はいくつかありますので、1冊ずつ紹介します。

まずは、Kalafina単独の出版物としては最初にして、衝撃の1冊。
ファン必読の書です!

Kalafina Record」(2011年9月 ソニー・マガジンズ)

この本が目指す方向性は、以下の巻頭言の一節が物語っています。
「本書はKalafinaの魅力を伝えるためのものである。
だが我々は気がついた。
我々は、Kalafinaのことを何も知らない…。」

当時は、3rd.アルバム「After Eden」の発売に合わせたキャンペーン中。
デビューから3年半。ライブは順調にその会場を大きくしていき、ラジオ番組「Kalafinaの私たち計画広場」「Kalafina倶楽部」も1年以上経過。
3人の卓越したコーラスワークと明るく個性豊かな人柄のギャップが、その魅力として浸透しつつあった頃。 続きを読む

THE BEST “Red”/“Blue” 1枚買うとしたらどっち?

どちらを聴くべきか?という問いなら、答えは躊躇無く「両方聴く!順番はRed→Blue!」なのですが、はじめてKalafinaのCDを買う人が、いきなり2枚で6000円(通常版)+税というのはハードルが高いのも、ごもっとも。
なので、「Kalafinaが気になってるんだけど、『この曲は絶対に欲しい!』というのが特にあるわけでもなく、なんとなく最初の1枚として買ってみたい」という方を想定して、オススメを考えてみます。

まずは、両アルバムの収録曲を整理

コンセプトとしては、全体のオープニングにあたる導入曲を “Red”冒頭に配し、Kalafinaの最新形である新曲を “Blue” のラストに置き、Red→Blue の流れで作られています。

続きを読む