Kalafinaコレクション市場

「Kalafinaコレクションに買い忘れはないですか?」KalafinaのCD、ブルーレイ、DVD、書籍はもちろん、過去のライブパンフレットやグッズ、特集が組まれた雑誌を、レア物含めてご紹介。「このレア物は、このサイトで販売中」といった、お店の情報も掲載予定。

オススメ!Kalainaライブ映像の選び方!

dsc_0868%e6%94%b9

「初めてのライブなので、過去の映像を見て雰囲気を知りたい!」とか、「昔のKalafinaを見てみたい!」という方への、映像作品として発売されている6種のライブの選び方ガイドです。
特に特典映像は、彼女たちの昔の素顔や舞台裏、伝説のシーンが満載なので、そこも大事なオススメポイントです!

好きな曲から選びたい!という方のために末尾に6作の全収録曲の一覧を掲載しましたので、そちらもご参考にしてください。

Kalafinaライブ映像
オススメポイント!(年代順)

①熱い!かわいい!ひたむき!
そんなKalafinaの青春期がここに!
Kalafina LIVE 2010 Red Moon at JCB HALL


開催日:2010年6月12日
収録時間:ライブ124分、特典16分
収録曲:1.overture~red moon 2.テトテトメトメ 3. fantasia 4.sapphire
5.星の謡 6..闇の唄 7.夏の林檎 8.fairytale 9.ARIA 10.Progressive
11.春は黄金の夢の中 12.Storia 13.Intermezzo 14.Lacrimosa
15.また風が強くなった 16.Kyrie 17.音楽 18.光の旋律
19. overture~love come down 20.Sprinter 21. I have a dream

Kalafinaにとって記念すべき、初の3000人クラスの大会場ライブ。
本格ライブ活動宣言をしてからまだ1年3か月なので、現在のKalafinaとのギャップが激しい。 続きを読む

収録曲発表!Winter Acoustic “Kalafina with Strings”

1. from heaven above
2. In dulci jubilo
3. fairytale~with strings ver.~
4. sprinter~with strings ver.~
5. Jingle bells
6. we wish you a merry Christmas
7. 君の銀の庭~with strings ver.~
8. ring your bell~with strings ver.~
9. もろびとこぞりて
10. have yourself a marry little Christmas
11. dolce~with strings ver.
12. アレルヤ~piano ver.~
13. やさしいうた(新曲)
※情報出典:SonyMusicShop
クリスマス曲6曲、Kalafinaオリジナル曲6曲+新曲「やさしいうた」と、ほぼ半々のバランス。

個人的には思ったよりクリスマス曲が多く、これはKalafinaファン以外にも、一般的なXmasミュージックとして需要があるのではないかと期待!
ラジオや学校でのイベント等で、さかんにかかるのではないかと。 続きを読む

KalafinaファンならWOWOWを試して損はない!

dsc_0856%e6%94%b9

(追記)COUNTDOWN JAPAN 16/17に出演決定!

12/29(木)、COUNTDOWN JAPAN 16/17に出演が決定しました!
WOWOWではこのイベントの生中継を発表しています。(Kalafinaは昨年、一昨年と放送あり)

はじめに:こんなKalafinaファンにおすすめ!

10月29日(土)午後4時~、《WOWOWライブ》で“Kalafina Arena LIVE”武道館公演が放送されます!
WOWOWでもKalafinaライブの放送は、

・「Kalafina生ライブに行ってみたいけど、なかなか行けていない!」
・「ライブのブルーレイやDVDをいきなり買うには高い!」
・「Kalafinaが気になっているけど、まずはお試しで安上がりに見てみたい!」
・「商品化されないKalafinaのイベント参加ライブもチェックしたい!」
という方々におススメです。

これにあたり、「KalafinaファンならWOWOWを試して損はない!とする、Kalafina試聴に特化した判断材料を、裏技解説つきお届けします!

目次
①Kalafinaのライブ放送は今後も続く可能性大!
②映画1本分で「武道館ライブ」をお手元に!…Kalafina視聴料金プラン(裏技つき)
③録画可能!しかしファンの友人に頼むのは困難!
④言われてみれば“Arena LIVE 2016” はまだ商品化未発表、という現実
⑤Kalafina以外にも好みの番組がきっとある!? 続きを読む

Winter Acoustic “Kalafina with Strings”のジャケットが素敵すぎる!


つい先ほど、11月16日(水) リリース Winter Acoustic “Kalafina with Strings” のジャケット写真が公式HPで公表され、あまりに素敵なんで、興奮のあまり収録曲について予想するための情報をまとめてしまいました!

公式の記述には
「定番となりつつあるクリスマスソングはもちろんの事、
冬をテーマにしたオリジナル曲のAcoustic ver.(全て初収録)に
Kalafina初のクリスマス曲(新曲)を収録」とのこと。

定番となりつつあるクリスマスソング

「定番」を予想するために、2011年の「音霊番外編@横浜ランドマークホール」から2015年の“with Strings”までのクリスマスソングをリストアップしてみました。 続きを読む

乾燥する季節にKalafinaステージドリンク!?

これからの季節にKalafinaグッズ!?

“Kalafina Arena LIVE2016”パンフレットを見ていたら

面白いモノを見つけたので、グッズ紹介です。

3人へのQ&Aで「ステージドリンクは何ですか?」という質問に、
3人とも京都念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏の名を!

香港製ののど飴&シロップで、3人ともシロップを溶かして他の飲料と一緒に置いていて、
Hikaruはのど飴も常に持ち歩いているらしい。

3人が何年も使い続けているということは、期待大かも。 続きを読む

いよいよアリーナツアー!裏テーマは「Kalafinaデビュー秘話」!

表テーマは…謎!?

さていよいよ、Kalafina初のアリーナツアーが始まります!

9/10(土)・11(日)神戸ワールド記念ホール
9/16(金)・17(土)日本武道館

今回の見どころは…、といきたいところなのですが、
実は今回のツアー、長年ファンをやっている者から見ても、謎です!

今までのバンドツアーは、ほとんど新アルバムや新シングル曲を冠し、
その楽曲の披露を主眼とした構成(セットリスト)でした。

唯一そこからはずれ無冠だったのが、
2014年10・11月の“Kalafina LIVE TOUR 2014”でしたが、
これはすでに発表されていた日本武道館2days、THE BEST 2015“Red Day”“Blue Day”に向けての、
打ち入りのようなテーマを持っていました。

そういう意味では、今回のアリーナツアーは、Kalafina史上初にして最大の無冠アリーナツアー

つまり、まったく「こういう風に見てください」と提示しないライブ。 続きを読む

(最速チケット情報)9月のアリーナツアー先行受付開始!

ついにKalafinaアリーナツアー!

Kalafina初のアリーナツアー、
9/10(土)・11(日)、神戸ワールド記念ホール 
9/16(金)・17(土)、日本武道館 のチケット最速(FJC除く)受付が始まっています!

<e+ ファミリマート最速先行受付> 4/12(火)12:00~16/4/25(月)23:59
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010891P006001P0050001P002030033P0030057P0030058

日本武道館は、言うまでも無く、昨年の初2days以来。
前回は「THE BEST」というテーマがありましたが、今回ははたして…。

幻のKalafinaステージデビュー秘話DVD&記念ムック

そして、神戸ワールド記念ホールは、実は2008年4月29日、
“Revo & 梶浦由記Presents Dream Port 2008”のオープニング・アクトで、
KalafinaとしてWakanaとKeikoが初のお披露目となったステージ。
デビュー以来3か月目にして、初めて2人の正体が明かされた、という舞台で、
“obiivious”と「傷跡」を歌いました。
デビュー以来、8年ぶりの“凱旋”を見逃すな!

※「砂塵の彼方へ」映像DVDに、当時のKeikoとWakanaの姿が!
しかも梶浦さんにKaori、Yuriko Kaida、Yuuka、Remiに“ラスボス”笠原由里、バンドは是永さんに今野師匠にJr.さんという、プレ・梶フェス状態!
特に、髪がショートボブで現在と全く違うイメージで、生き生きと初の大舞台センターを張るWakanaソロは感動もの!みんな若い!8年経った今だからこそ、必見!

※ライブ記念ムック。写真満載!W・KのKalafinaとしての初インタビュー掲載。上記の歌姫たちのインタもあり、読むとしみじみします。