もっと知りたい!Kalafina

Kalafinaの基礎知識から、あまり知られていないレア知識まで。Kalafinaやメンバーの歴史秘話など、「へぇ~」な情報を思いつくままにお届けします。

誕生日お祝い企画:もっとKeikoの歌が聴きたい!20選

2015年12月5日、Keikoの誕生日お祝い企画(制作が翌日にずれ込みましたが)、「もっとKeikoの歌が聴きたい!20選」です。
低音域のため3人の歌姫の中でも特にハモりが多いKeikoですが、Kalafina以外も含めて、ソロ・ボーカル曲をじっくり聴ける曲とか、イントロをリードして強い印象を残している曲、このKeikoのハーモニーあってこそ!の曲など、さまざまな理由で私が選んだ20曲。順番は、時系列で経歴を振り返ったり、参加ユニットで分けて並べたりしながら、窪田啓子=Keikoというボーカリストについて何かわかるかな?という構造になってます。

1.風の街へ

 (「ツバサ・クロニクル」オリジナル・サウンドトラック Future SoundscapeⅡ2005年9月22日発売)
2005年(10年前!)9月に発売された、アニメ「ツバサ・クロニクル」のサントラ第2弾に収録された、Keiko19歳の歌声。名義はFictionjunction Keiko。たしか、これが生まれて初めてのレコーディングだった、と本人が話していたような記憶が。当時は、数ヶ月前からサックスユニット“イアラ”のゲストボーカルをつとめライブハウスのステージに立ったり、スペースクラフト所属若手歌手の合同イベント(於・目黒食堂)に参加したりと、当時の映像を見る限り、ステージでシャウトし元気よくハジける方向性だったようです。そんなさなかに、この低音のしっとりした情感深い曲をレコーディングしたのは驚きです。

この時、梶浦由記に対しては「単発のお仕事だったので別世界の人だと思ってましたね。」(『Kalafina Record』より)

全く方向性が違うと思われた2人が、まさか後に合流し、この時の歌が、数年の年月を経てFJでのKeikoソロの代表曲のひとつであり続けることになるとは。10年経っても全く古びない名曲であると同時に、Keikoにとって運命の曲。

風の街へ
FictionJunction
¥250
続きを読む

こんな時代があったのか!?Kalafinaライブ・パンフレット(その1・LIVE 2009 “progressive”)

富山ライブ・レポートがみなさまにご好評で、いたく感動している管理人です。お読みいただいた方、ありがとうございます。
しかしながらここらでこのHP設立主旨に立ち返って、「Kalafinaをもっと知るためにこんな情報ありますよ」な記事を更新します。

ライブツアー期間中ということで、ライブ・パンフレット、です。

ライブ会場で買い損ねたりすると、なかなか再度購入のチャンスがないパンフレット。でもKalaifnaに関して言えば、美麗撮り下ろし写真満載の写真集としての価値がありますし、その時々のメンバーやスタッフの生の声が密封されていますので、「へえ~、こんな時代があったんだ~!」と、時間が経つからこそ感動・感心できるのが、ライブ・パンフレットなのです。

いわば“Kalafinaタイム・カプセル”を1冊ずつご紹介していきたいと思いますが、まず最初を飾るのは…

Kalafina photo album -progressive-

紅白歌合戦と日本武道館の“旗”

Kalafinaに紅白に出て欲しい!という声

今のKalafinaは紅白に出る条件を満たしているのか?

昨日11/27、NHKで「第66回・紅白歌合戦」の出場者発表がおこなわれました。
その直後から、「なぜKalafinaが出ないのか?『ヒストリア』でのテーマソングの歌唱はもちろん、『スタジオパーク』『MJ』への出演など、NHKへの貢献度は高いはず」との声が、ネット上に散見されました。
でも管理人は、これらの意見に違和感を感じました。この違和感は何だろう?富山に向かう東北新幹線の車中で徒然なるままに、書いてみます。

各種報道によると、27日の紅白の取材において、歌手の当落についての質問に、制作統括の柴崎哲也チーフプロデューサーはこう繰りかえしたといいます。
「今年の活躍の実績、私たちの調査による世論の支持、演出・企画に沿う出演者という3つの要素を総合的に判断して選定しました。」
ここに、現在のKalafinaはあてはまるでしょうか。 続きを読む

Kalafina秘話 富山 オーバード・ホール公演への道

今回は、管理人が大きな期待を寄せる、11/28(土)オーバード・ホール公演のみどころについて、Kalafinaのブログを中心に過去の資料から証言を拾いながら、ドキュメント風にご紹介します。

富山といえば、Hikaruの故郷。
そう、今回の富山公演は、故郷への3回目の凱旋コンサートなんですね。
実は、管理人のオーバード・ホール公演への期待は、過去2度の富山公演はkalafinの歴史において、とても大事な節目となっている、と感じているからです。
なので、まずはその原点、最初の富山ライブ(Kalafina LIVE Spring TOUR 2011 “Magia” 2011年4月2日 富山県民会館)当時のことからふりかえってみたいと思います。 続きを読む

Kalafinaファンクラブは?チケット入手に有効?

※以下は、2015年11月時点での記事です。
2017年4月にKalafina単独のファンクラブ「Harmony」が設立されております。(詳細は後日更新予定)

厳密な「Kalafinaファンクラブ」ではなく、
「梶浦由記ファミリー公式ファンクラブ Fiction Junction CLUB(以下FJC)」
http://www.spacecraft.co.jp/fjc/ はあります。
梶浦由記さんと、彼女のプロジェクトの参加している歌姫たち(Kalafinaの3人と、FictionJunctionのYuriko Kaida(貝田由里子)、Kaori(織田かおり))のファンクラブです。

◎入会金¥500 ◎年会費¥4,000 (2015年11月現在)
現時点での主な会員特典(抜粋)
1.情報満載の会報発行(年4回)
2.ライブ情報の先出し、ライブチケット先行予約
3.ファンクラブ会員限定イベント(不定期)

まず、1の会報は、カラー16ページ。梶浦さん&歌姫たちのメッセージやインタビュー、PVやライブのメイキングフォト、ライブ報告などが、フルカラー写真満載で掲載されています。 続きを読む

KalafinaとFictionJunctionどう違うの?

どちらも作曲家・梶浦由記の曲を奏でるプロジェクトであるうえに、WakanaとKeikoが共通して参加しているので、区別がつきにくいという方も多いともいます。

ざくっとした区分では、
FictionJunction=梶浦由記と素敵な音楽仲間”。梶浦さんがみずからキーボードで参加し、さまざまなアーティストやミュージシャンと音楽を創り出すのが基本。最近は、ボーカルにWAKANA、KEIKOとYURIKO KAODA(貝田由里子)、KAORI(織田かおり)の4人と、Front Band Membersの演奏をベースとして、ゲスト・ボーカリスト&ミュージシャンもよく参加します。

Kalafina=Wakana、Keiko、Hikaruのボーカル・ユニット”。梶浦さんはプロデューサーなので演奏やステージに参加しない(初期の頃に例外あり)一方、あくまで3人の歌姫が主役である点がポイント。

たとえれば、中田ヤスタカのCAPSULEとPerfume、つんく♂のシャ乱Qとハロー!プロジェクトの関係のようなものです。

音楽としては、FJはアニソンからドラマ・実写映画のサントラ、ロックオペラのような独自曲まで、幅広い梶浦ワールドを楽しむことができます。一方Kalafinaは、3人の歌姫が歌うことを前提とした、日本語ボーカル曲が基本。Kalafinaを見聞きして、3人の歌声・ビジュアルが気になった方はそのままKalafinaを。それ以上に楽曲そのものに惹かれた方は、KalafinaからFJに手を広げると、新たな世界に出会えるはずです。

FictionJunctionの魅力が詰まった決定版の4枚



Everlasting Songs (2009年2月発売)
それまでFictionJunction Yuukaとか、梶浦由記と個別の歌手たちそれぞれのユニット名だったFJ○○を、“FictionJunction”とまとめて、過去の名曲の再録やセルフカバーで構成した、いわば「ベスト盤Part1」。
膨大な梶浦作品のなかから厳選された、名曲中の名曲がずらりと並びます。
ボーカル参加は、Yuuka(南里侑香)、Kaori(織田かおり)、Keiko、Wakana、Yuriko Kaida(貝田由里子)、Asuka(結城アイラ=加藤あすか)
過去のさまざまなアニメのテーマソングや挿入歌として作られたものが多いため、Kalafinaよりもポップス寄りです。
ただし、Kalafinaの世界がボーカル3人によって形作られている一方、FJは梶浦由記のさまざまな世界観がまずありきでそこに適した個性的な歌姫が参加、という形式なので、イメージの幅が広くなっています。
どの歌姫も素晴らしい歌声なので全曲聴いて欲しいが、あえてKalafinaの2人の曲をピックアップすると、
1.「星屑」:KEIKO/KAORI 4.「銀の橋」:WAKANA/KEIKO/KAORI 5.「風の街へ」:KEIKO人生初のレコーディング曲(参考:誕生日お祝い企画:もっとKeikoの歌が聴きたい!20選 )
7.「synchronicity」:KEIKO  9.「水の証」:WAKANA 12.「宝石」:KEIKO
そう、それぞれのソロが聞けるのも、FJならではなのです。



elemental (2014年1月発売)
FJライブをさかんにやるようになってから、ライブ参加する歌姫でのコーラスワークで楽曲を作るようになってからの、いわば「ベスト盤Part2」。
前作のポップス調に比べると、ハーモニー深化度はこちらの方が高くなっています。
コーラスも含めれば多くの曲にKeikoもWakanaも参加しているなかで、あえてピックアップすると、
6.「storm」:WAKANA/KEIKO 11.「凱歌」:WAKANA コーラス KEIKO/KAORI/Yuriko Kaida の2曲がおすすめです。
「storm」はWAKANAのソロにKEIKOがよりそうようにせつなく歌い上げ、「凱歌」もまた、 WAKANAのソロにKEIKOがほぼ全編ピッタリと寄り添い、悲劇的な世界観を思いっきり歌い上げ、まるでKalafinaのスピンオフのような世界が楽しめます。


FictionJunction 2008-2010 The BEST of Yuki Kajiura LIVE
タイトルの通り、FJの歌姫たちと織りなす梶浦サウンドライブ、2008年7月31日のShibuya O-EASTでのvol.#2から2010年1月9日横浜BLITZのvol.#5までの名演奏をそろえた、2枚組ライブベスト盤です。
梶浦サントラの名盤「.hack」「アクエリアン・エイジ」「舞-HiME&舞-乙HiME」からの名曲の数々や、
燃える定番「Parallel Hearts」「zodiacal sign」「the image theme of XenosagaⅡ」に、YUUKAが参戦しての「暁の車」に♪ヤンマーニ「nowhere」などなど。
しかもYUUKAのコーラスにはHikaruが加わり、Yuriko Kaida姐さんとまるで姉妹のようなコンビネーションを聴かせるというボーナスつき。
Kalafinaでおなじみのいつものバンドメンバーも、YKライブでは「FRONT BAND MEMBERS」という名称で、演奏が主役とばかりにグイグイ聴かせます。
KalafinaとFJはどう違うの?という質問に対し、このライブ盤を聴けばFJならではの魅力とは何かが分かるという名盤です。


FictioneJunction 2010-2013 The BEST of Yuki Kajiura LIVE2
これを聴けば、梶浦ファンはたとえどんなにつらく悲しいことがあっても乗り越えていけるという、魂のアルバム!
2010年5月のvol.#6から2012年9月のvol.#9までからピックアップした2枚組に加えて、なんと!あの伝説の5時間・52曲公演!Vol.#10、2013年5月11日・東京国際フォーラムの“Kaji Fes.2013”で1枚構成(18曲収録)した、3枚組のライブアルバム。
前作が、それまでの定番名曲を定番メンバーでキッチリ押さえたベストだとすれば、こちらは新曲の数々と知られざる名曲を、豪華ゲスト満載で披露しているのが特徴。
Wakanaファンにとっては、「北斗の拳」のサントラにしか入っていない名曲「光の行方」「where the lights are(Japanese Ver.)」が収録されているのがお得!
そして、“ラスボス”オペラ歌手の笠原由里をはじめ、伊東えり、戸丸華江に、YUUKA、ASUKAという、梶浦サウンドを支えてきた名ボーカリストに加え、“Kaji Fes.2013”では、今や「ソードアート・オンライン」ですっかりチーム梶浦の一員になったRemi、そして数々の英語名曲で欠かせないボーカリストEmily Bindigerの夢の参戦!(“the world”でEmilyが登場した時のスタンディングオベーションの歓声がしっかり収録されているのが嬉しい。)
FBMにも、フルート:赤木りえ、アコーディオン:佐藤芳明、かとうかなこ、というおなじみのプレイヤーも加わって、梶浦サウンドの魅力の総力戦!という豪華版です。
(これで3000円台という、フライングドッグさん太っ腹!)